海に近い地域の名産品とは

もっと魚介類を食べよう

近所のスーパーでも、魚介類が販売されています。
ですが自分では、どれが新鮮なのか判断できない人がいるでしょう。
変なものを購入するのが怖くて、普段はあまり魚介類を食べていない人もたくさん見られます。
ですが魚介類には栄養がたくさん詰まっているので、きちんと摂取しなければいけません。

漁業が盛んな地域の返礼品は、新鮮な海産物です。
地元の漁師が、鮮度の良い魚や貝を見極めてくれるので、自分で鮮度がわからない人でも大丈夫でしょう。
魚介類をこれまで食べたことがない人でも、新鮮なものを食べればおいしさに夢中になるかもしれません。
気に入ったら、何度もふるさと納税に寄付してください。
そして定期的に、魚介類を食べましょう。

捌くのが苦手な人向け

新鮮な魚介類をもらっても、自分で捌けない人がいます。
そんな人は、捌いている魚を届けてくれる地域を見つけてください。
それなら届いたらすぐ料理に使えるので、苦手な人でも大丈夫です。
刺身の状態の魚が返礼品になっている地域もあるので、そのまま食卓に出せます。
クジラなど、普段はめったに食べられない魚の刺身もあります。

また魚を加工して、缶詰にしている地域もあります。
それなら賞味期限も長いので、好きな時に食べられますね。
新鮮な食材がたくさん届いても消費しきれない人は缶詰などの加工品をもらってください。
魚の缶詰なら、簡単に食べられますしアレンジレシピも豊富です。
そのままでもおいしいですが、アレンジすることでもっとおいしくなります。


この記事をシェアする